定期購入のない自宅でできるMLM

時間の使い方を考えるだけで仕事の効率は劇的に良くなる

ビジネス
この記事は約6分で読めます。

久しぶりに長く休めたお盆が終わりました。
お盆の間は、コロナの影響もあり外出をなるべく自粛をしていました。
完全にオフモードだったので、仕事に関することも シャットアウト 状態でした。

おかげで精神的にはだいぶ休むことができたいいお盆だったと思います。

しかし、

そのしわ寄せがやってきました。
お盆で休みが増えようがどうだろうが、仕事がその分減るわけではありません。
やらないといけないことをお盆明けからこなす日々がスタートしました。

そこでふと思ったのは、 時間の使い方の上手な人・下手な人では何が違うのだろうかと。

その結果思ったことは、時間の使い方の上手な人は仕事のできる人ということです。

それであれば、仕事のできる人になるための学びを続けることが、結果的に時間の使い方が上手になるのだろうと考えるようになりました。

時間の使い方を知らずに仕事をしている人の特徴

そもそも、 時間の使い方を知らないとはどういう人なんでしょうか。

考えられる特徴として、

物事の優先順位をつけずに手当たり次第に作業をする人

どんな作業をしていても、メールが届いたらメールをみて返信をして、電話がかかってきたらその要件の作業をこなして、また元の作業に戻るような人。メールはとりあえずチェックして、電話の要件をとりあえず聞いて、今優先的にやるべきことをやる人。当然、後者の方が 効率的な仕事ができる と想像できます。

集中力がなく(続かず)、ダラダラと作業をする人

作業をしていると思ったら、ぼーっとスマホをいじったり、歩き回ったり、ダラダラと時間を使っていることは私もありますね。

判断力や決断力がなく、与えられた作業を何も考えずにやっている人

言われたことをやるサラリーマンの鑑のような人ですが、無駄なことだろうが効率の悪いことだろうが、とにかくやっているだけでは改善がないですね。

自己分析ができずに、自分の能力でできる作業の質や量がわからない人

自分の能力を客観視できていないからか、できないものでも引き受けてしまい、仕事をこなすことに精一杯になる人。隣の人はその分野が得意で、お願いすればすぐにできるようなこともありますよね。

口癖のように「忙しい」と言っている人

忙しい自分が好きな人は、なんとなく忙しい状態を維持していますね。

 

なんとなく想像した特徴として上記のようなものが浮かびました。
会社の同僚をイメージしたり、自分自身のことだったり。
冷静に文章にしてみると、意外にもわかりやすく非効率なことしていました。

時間の使い方がどうというよりも、仕事のできない人の特徴でもありそうなので、直せるなら直した方がいいでしょう。

でも、どういう方法で直せばいいのかな?

時間の使い方を気にせずに仕事をするためには

みなさんの声を集めたデータを見てみましょう。

まずは、 どのようなことに無駄を感じるかのアンケート結果です。

グラフ:どのようなことに無駄を感じますか?

引用:はたらこねっと(業務効率の改善についてのアンケート調査)

スケジュール管理をして、集中力が持続するように休憩をとるようなことが工夫している内容のようです。
意識すればできそうな内容なので、明日から試してみてもいいですね。

次に、 無駄のない業務のために自分で工夫していることを質問したアンケート結果です。

グラフ:無駄のない業務のために自分で工夫していることは? 引用:はたらこねっと(業務効率の改善についてのアンケート調査)

そして、 無駄な業務をなくすために勤務先に求めたいこと を質問したアンケート結果です。

グラフ:無駄な業務をなくすために勤務先に求めることは?        引用:はたらこねっと(業務効率の改善についてのアンケート調査)

 

会社としても、社員に効率的な時間の使い方をしてもらいたいので、様々な取り組みをしてくれています。
会社に求めたい内容は、これから時間の使い方を考えていくときの ヒントになりそうです。
AIや業務ツールはこれからの時代には必需品になりそうです。
これらをうまく活用していけると時代を先行く時間の使い方ができそうですね。

時代を先行くビジネス!仕事のできる人は早くから注目して初めています!

これからの時代に必要な時間の使い方と仕事の関係

自分自身の能力が上がるか、会社の環境がよくなれば、さらに効率的な仕事ができるようになることがわかってきました。
自分自身の能力を上げるには、そのための時間をいかに作り出すかということも重要になってきます。

そこで、仕事に良い効果を与えている時間はいつですかという質問をした結果です。

3000176_22

引用:マーケティングリサーチ事業(Vol.54 ビジネスマンの時間の使い方に関する調査)

就寝前や朝や通勤時間をうまく使って、 自己啓発に力を入れているようです。

誰もが持ち歩くスマホを使えば、どこでもいつでも調べものや勉強ができる時代です。
スマホでゲームをする時間を、スマホでビジネス書を読む時間に変えることは難しいことではありません。

その時間の積み重ねが、能力に大きな差を生み出し、それが日々の仕事にも影響が出てきます。

 

時間に余裕のある仕事ができるようになれば、さらに精度の高い仕事もできます。

そのような人の方が 出世もするでしょうし、 給料も増えるでしょう。

 

AIやITのような 最先端のツールを使いこなすことも必要になってくるかもしれません。
使いこなすには相応の知識や費用が必要で、ハードルが高いです。

 

それであれば、まずは できることからやってみましょう

それは、 今やるべきことは何か、それをいつまでにやろうか、そのための弊害は何で、それをどう解決するか、を考えてみることです。

それを何度も何度も考えて、反省して、改善していくことで、気付くと時間の使い方が上手になっているのではないでしょうか。

まずはできることから始めてみましょう!

まとめ

時間の使い方が上手い人は仕事ができる人 なんだと思います。

仕事ができる人になるには、自分で時間を作り出して学んで成長するしかありません。

私は自分の時間で マーケティングを勉強しています。
マーケティングを学びながら、 集客の手法も学んでいます。

学んだことで物事の視点が変わり、仕事にも活かせていることが実感できています。

これを続けることで、仕事のレベルも上がり、 時間の使い方も上手になっていくと信じています。

その結果、 プライベートの時間や家族と過ごす時間も増やすことができます。

プライベートの時間がほしいとがむしゃらに仕事をするのも必要ですが、長い目で考えると、そんな状態だからこそ、自分自身のレベルを上げる時間を作ることは大事なんだと考えます。

最終的な目標は サラリーマンを辞めることです。
自分の力でビジネスをやっていければ、自分で時間をコントロールできるようになるので、さらにプライベートの時間をさらに増やすことができます。

プライベートが充実する!サラリーマンを辞めることもできるビジネスです!

タイトルとURLをコピーしました